導入事例

Case Studies

「人材の定着よりも、繁忙期の助っ人を必要としています」ワクラクで人材を募集するメ…

今回は、ビアガーデンやBBQなど季節に合わせたレジャー事業を展開されているREALBBQ株式会社 REALBBQ GARDEN チームマネージャー 加藤さまにワクラク導入後の効果についてインタビューさせていただきました。

 

REAL BBQ株式会社

食材や設備にこだわった本格的なBBQスタイルを提供する企業さま。

ビアガーデンやBBQ会場の運営、BBQスペースを時間単位でレンタルできるサービスの運営を手がける「パーク事業」をメインに、BBQに適した食材のECショップを運営する「マーケット事業」や、大規模なBBQイベントをトータルコーディネートする「プロデュース事業」、「デリバリー事業」を展開している。現在、主に「パーク事業」の運営でワクラクを利用。

(REALBBQ公式HPはコチラ

 

まずはワクラクを導入したきっかけを教えてください!

パーク事業は、通年で運営しているものではありません。冬季は休業となるため、アルバイトも長くて半年の雇用となります。人材の定着よりも繁忙期をスポットで手助けしていただけるアルバイトが必要となります。手軽に短期アルバイトを募れるサービスはないかなと探していたところ、ワクラクが弊社の事業体にぴったりのツールなのではないかと思い、導入してみることにしました。

 

ワクラクのような「単発アルバイト」を導入する不安はありましたか?


単発のアルバイトを募集することへの不安は無かったです!
ビアガーデンのアルバイトは、短期アルバイトが多く、時給も高いため、夏季休暇中の学生さんには比較的人気のお仕事です。そのため、初心者の方でも安心して働いていただけるオペレーションはあらかじめほとんど整っていました。
弊社はこれまで、通常の求人媒体を利用してアルバイトを採用しており、既存のアルバイターには出勤可能日を聞いてシフトで管理しておりました。しかし、いざ採用しても毎週コンスタント入ってくれるアルバイターがなかなか居らず、週1回入るか入らないかという方がほどんどという状況でした。
長くても半年程の雇用となる中で、週一回しか来ていただけないアルバイトを雇用するのと、必要な日に単発のアルバイトの方に来ていただくのとでは、費用面を考慮しても後者の方が圧倒的に効率的なのではないかと思い、ワクラク のようなサービスを求めていたのです。
また、私自身がこの事業全般の管理を行っているため、時に人事にリソースを十分に割くことが難しいこともあります。採用面接やシフト調整の手間を省略でき、大幅に教育オペレーションを変更する必要が無かったことも、導入に至った大きな理由の一つです。

 

実際に使ってみて、応募の状況はいかがですか?

先にも述べたように、ビアガーデンのアルバイトは昔から人気のアルバイトです。それはワクラク内でも同様なのか、夜23時頃に次の日の必要な人数の募集を掲載しても、2、3時間で応募が埋まるという状態です。マッチ率に関しては文句なしですね!

懸念点としては、やはりドタキャンですね。来ると予想していた人数に欠員が発生してしまった場合を考慮して、少し多めに募集を掲載するようにしています。

 

ワーカーさんにどんな業務をお任せしていますか?

基本的には全ての業務をマニュアル化しているので、マニュアルを読んでいただければ、ほぼ全てのお仕事ができるようになっています。既存のスタッフと同じマニュアルなので、難しい業務についても書かれていますが、そこは経験のある方にしかお任せしていません。初めはお客様が来店された際のご案内やゴミの片付け方、洗い物など基本的なことからお任せしていきます。

 

ワーカーさんの質はどうですか?

非常にいいです。飲食店の経験がある方がほとんどで、マニュアルとは別に、少し口頭で説明するだけで少し難しい業務もあっという間にこなしてくださいます!

ワーカーさんと既存のスタッフさんは馴染めていますか?

既存のスタッフは15〜16人程いるのですが、ワーカーさんと同年代がほどんどなので、すぐに馴染めているように見えますね。2~3度入ってくれるリピーターさんもたくさんいらっしゃって、その方々はもう既存スタッフ同様にお仕事してくださいますし、よくコミュニケーションを取っている印象です。

 

ワーカーと連絡先を交換することはありますか?

一度来てくださった方とは、LINEを交換します。また来ていただきたいなと思うワーカーさんや、「またやりたいです!」と言ってくださるワーカーさんとは積極的に連絡先を交換して、今後のワクラクへの掲載日をお伝えしています。

 

ワクラクを利用する上で工夫している事は何ですか?

先にも述べたことを含め、主に3つの工夫をしています。
1つは、基本的な業務を全てマニュアル化していることとです。誰でも簡単にお仕事していただけるように、まずはマニュアルを読んでいただきます。ある程度読んで理解してもらえば、質問があれば既存のアルバイターや私が対応でき、教育コストもそこまでかかりません。指示ベースでお仕事をお願いするので、手持ち無沙汰にはならないようにしています。

2つ目は、万が一ドタキャンされてもいいように、枠を多めには用意しています。弊社は大人数を募集することが多いので、1人か2人は多めに募集をかけるようにしています。もし全員来ても、全員にやってもらうお仕事はあります!

3つ目は、時給を少し高めに設定して掲載しているということです。

基本的には時給単価自体を少し高めにしたり、交通費をアプリに載ってる他の店舗よりも少し高めに設定しています。ビアガーデンは、人件費を通常の飲食企業の比率よりも少し多く確保できる業態なので、その部分をうまく活用しています。

過去に、繁忙期に本当に人手が足りず人件費率2パーセントで営業していた日もありました。100万の売り上げを2人のオペレーションでつくるというイメージです。ワクラクさんを導入してからは、8~10%前後で運営できるようになり、既存スタッフの負担がかなり減りました。

 

これからどのようにワクラクを活用されますか?

今後も同じような運用をしていくつもりです。団体様による会場貸切型のBBQの場合には基本的にワンオペにならないよう、既存のアルバイターさんを中心にスタッフを補填します。ビアガーデンは既存アルバイター+αでワクラクを利用し、営業できるよう工夫していくことになると思います。

ワクラク側の対応はどうですか?

営業担当の方やサポートの方には、いつもスピーディーに対応してくださりとっても助かっています。導入を決めた頃は丁度、夏の繁忙期だったのですが、「すぐに使いたいです!」という無理難題にも応えてくださり、すぐに導入までアシストしてくださいました。

使ってく上で分からないことがあると結構な頻度で連絡するのですが、その際も丁寧に教えてくださいます。

 

ワクラクの導入を考えている企業に対して、おすすめポイントは?

募集を掲載するとすぐに応募が来ますし、もしキャンセルが発生しても際掲載され他の方がすぐに応募してくださいます。ユーザーからの応募や問い合わせなどの反応はワクラクが一番いいと思っています。導入や掲載費は無料なので、応募が来なければ費用は発生しないので、気軽に利用できます。

 

最後にWakrak全体の評価を星5つでお願いします!

星5個です!

固定スタッフ+足りない時にワクラクというベースの形で利用していく分には非常に便利なサービスだと思います。ワーカーさんの給与も、ワクラク側でお振込いただき、あとでまとめて請求が来て支払う形なので、勤怠管理がとても楽です。

私があえて挙げるとするならば、こちら側が管理画面上でワーカーの勤務履歴をCSVデータで落とせるようになるといいなと思いました。今は、サポートの方に連絡してお願いしている形なので、そこを自分でできれば嬉しいなと!

 

加藤さま、インタビューにお答えいただきありがとうございました!

貴重なご意見を参考に、今後もサービス改善に努めます。

 

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

 

「地の利のあるワーカーが来てくれて助かりました。」デリバリー業界の人材不足もワク…

 

今回は、大阪王将 宅配専門 幡ヶ谷店を運営されている「ユマンドウ株式会社」代表取締役 立石さまにワクラク導入の効果と使い方についてインタビューさせていただきました!

ワクラクでは商品配達(デリバリー)のお仕事を掲載してくださっております。

 

ユマンドウ株式会社


大阪王将 宅配専門 幡ヶ谷店をフランチャイズ(以下: FC)運営する企業。渋谷区・世田谷区を中心にデリバリーサービスを展開している。
大阪王将 宅配専門 幡ヶ谷店はもともと立石さまが勤務していた企業でFC店として抱える店舗だったが、立石さまが独立後、ユマンドウ株式会社を立ち上げ、大阪王将 宅配専門 幡ヶ谷店の運営を引き継いでいる。

はじめに、ワクラクを導入した背景について教えてください!

 元々、大阪王将 宅配専門 幡ヶ谷店は私が前職で勤めていた企業が運営しておりました。当時から人手不足が一番の悩みで、求人媒体を利用してアルバイトを募集しても思うように応募が集まらず、応募してくれた方はなるべく採用するという状態でした。長く続けてくれているスタッフはいますが、短期アルバイトスタッフや実際に働いたら合わなかったという理由で辞めていく方もいるので、常に求人を出している状態でした。

そんな中、前職時代にワクラクの営業の方からワクラクのサービスについて聞く機会があり、素直に「面白いサービスだな」と思いました。導入を進めようと上司に相談したところ、当時の会社独自のアルバイト雇用に関する様々な規定から、なかなか導入出来ずにいたのです。

その後、私が大阪王将 宅配専門 幡ヶ谷店のFC運営を引き継ぐことになりました。前職を退職し、ユマンドウ株式会社を立ち上げての再出発です。前々から抱えていた人手不足を解消するには従来の求人では厳しいと感じていた中で、独立したことによって規定の縛りもなくなり、試しに利用してみようと思い導入を決めました。

ワクラクを導入する前と後で人手の状況に変化はありましたか?

はい、導入後は人手不足が改善されました。

長く働いてくれているスタッフが長期休暇に入った頃、その期間を補填するためにワクラクを利用し始めました。導入前は、私も含め定常スタッフに休みを作ることが困難な状態でしたが、ワクラクを導入してからはそういったスタッフのシフトに融通を利かせることができるようになり、以前より余裕を持って営業できるようになったと感じています。

 

デイワークに対する導入前と導入後でイメージはどのように変わりましたか?

正直に言うと、導入前は3つほど懸念点がありました。

1つは掲載の手間です。募集をする際のフローが面倒だったら嫌だなと思っておりましたが、実際に募集を掲載する際の管理画面の操作は思ったよりもはるかに簡単でした。あらかじめ作成しておいた募集要項を繰り返し利用でき、その募集要項をもとに、人手の欲しい日時と人数を入力して保存するだけです。ちょっとした空き時間に掲載することができるので助かります。

2つ目は、教育の手間です。毎回違う人が来ることで、毎回仕事を教えなくてはないのではないかと懸念していました。しかし、実際に利用してみると、これまでに来ていただいた方の中で数人がリピーターとなって何度も働きに来てくださるので、その方が来てくださった時には安心してお仕事をお任せすることができます。リピーターとなってくれる人が増えれば教育コストはそれほどかかりません。

3つ目は、本当に応募が来るのかという懸念です。人手が足らない日を前々から把握して掲載しないと応募が来ないのではないかと心配していました。また、ワーカーは原動付自転車以上の免許が必要なので、応募資格に「原付免許または普通自動車免許」と記載していたのですが、ワーカーの中にどれくらいの方が免許を持っているのか想像つかなかったので、その点においても応募が来るか心配していました。
しかし、掲載をしたら数時間〜2日ほどで応募が来て本当に驚きました。これであれば、急遽発生したシフトの穴を埋めるためにも利用できるなと思いました。

 

ワクラクワーカーにはどういったお仕事をお願いしていますか?

弊社はデリバリー専門店ですので、配達業務をお願いしています。定常スタッフが店頭で調理した商品を、バイクでお客様の元に届けていただきます。

業務の流れとしては、万が一のことを考えて初回のワーカーさんに限り「秘密保持誓約書」と「覚書」を書いていただきます。お客様の住所や電話番号を利用することになるので、まずはその旨の説明をし、その後一通りの業務を教えてから実際に業務に入っていただきます。

過去にピザや寿司屋などのデリバリー経験のある方であれば、簡単な説明と、配達の際に必要なおつり用の現金を数えていただき、「事故しないでね」と伝えた上で即戦力として働いていただきます。

 

リピーターさんを確保するためにしている特別なことはありますか?

レビューは基本的に気持ち高くつけるようにしています。
当たり前ですが、初回の方に完璧な仕事は求めません。リピーターとなっていただけるよう、来てくださったワーカーさんの良いところを見つけ、良い評価をつけます。何回か来ていただいて、徐々に業務に慣れてくれるのを期待しての評価です。
よく働いてくださった方には「もし都合が合えば、また来ていただけませんか?」と口頭でもお願いすることが多いです!

以前、特に働きぶりの良いワーカーさんが来てくださったことがあります。予想以上にスムーズに配達から戻ってくるので、話を聞いてみたところ、デリバリーは初めてだが生まれも育ちも幡ヶ谷近辺で、大体の道は把握しているとのことでした。地の利を得ている近所の方が来てくださったのは本当に助かりました。

デリバリーとなると、「道を知っている」ということが重要です。迷ったり、地図を見ながらの配達となると、どうしても遅くなってしまい、お客様の不満になりかねません。その点において、このワーカーさんに関しては、うちで定常スタッフになっていただきたいくらい助かりました!(笑)その後も都合が合う日には応募してくださり、何度かお仕事してくださっております。

 

デリバリーとワクラクのサービスの相性はいいと思いますか?

デリバリー経験者に来ていただければ業務を教える時間が短縮されますし、幡ヶ谷近辺が地元の方や現在近所に住まれてる方に来ていただければ道に迷ったりすることなくスムーズに配達していただけるので、来られる方によって差異はありますが相性は良いと思っています。

機能として、エリア限定表示や経験者限定表示などがあれば嬉しいですね、今後に期待します!

 

ワーカーさんの反応はどうですか?

直接感想を聞くことはあまりないですが、2回以上来てくださる方は定常スタッフと馴染んでいる印象を受けますし、繰り返し入ってくださるということは相性がいいと思ってくれているのかなと思います。

当然ではありますが、デリバリーで外に出てしまうお仕事なので1日で定常スタッフと仲良くなるということは難しいかと思います。しかし、少人数で営業している店舗なのでコミュニケーションは取りやすい環境だと思います。

ワーカーさんから店舗へのレビューを開示できたりすると自分たちのこんなところが至らなかったのかなと気づいて改善していけるので、今後実装されることを期待しています!

 

サービスの費用面は見てどうですか?

費用面で見れば、通常の求人広告を利用するより遥かに安いです!およそ3分の1程度には削減できています。
人件コストを抑えつつ、ほとんどの確率でワーカーさんが来てくださるので本当に助かっています。

最後に、全体でワクラクを評価するとすれば星5段階中おいくついただけますか?

星5.5です!

求人の出し方がとても楽で最高です。アプリやパソコンをよく使用する事業者でないと使いこなすまで時間がかかってしまうかもしれませんが、時代に沿った新しい形の求人ですし、今後が期待できる面白いサービスだと思います。

 

立石さま、ご多忙の中インタビューにお答えいただきありがとうございました。   

 

 

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

 

ドタキャン激減!リピーターさん獲得のカギは「ワーカーさんを迎え入れるお店づくり」…

今回は、「株式会社エムアンドケイ」さまが運営されている「金沢まいもん寿司 珠姫 大手町店」店長の高橋 正樹さまに、ワクラクを導入したきっかけや導入後の効果についてお聞きしました!

 

株式会社エムアンドケイ

石川県金沢市に本社を構え、「金沢まいもん寿司」をはじめとした飲食店を運営する企業さまです。回転寿司、寿司屋をメインに、とんかつ、イタリアンまで幅広い業態で全国に26店舗を構え、都内には6店舗を展開されております。そのうちの4店舗でワクラクをご利用いただいております。

今回インタビューにお答えいただいた高橋さまが店長を勤める「金沢まいもん寿司 珠姫 大手町店」は東京都千代田区の大手町パークビル内に店舗を構える、寿司屋です。

<金沢まいもん寿司 公式HP はこちら>

まずはワクラクを導入したきっかけを教えてください。

オフィス街である大手町エリアでは、飲食店が特に必要とする学生やフリーター層のアルバイトスタッフの採用が難航しており、スタッフの人手不足が深刻化しています。

当店でも掲載費のかかる求人媒体を利用していましたが、地理的な要因もあり、なかなか応募が来ないことが続いておりました。

数少ない既存スタッフに無理を強いてシフトに入って営業していくわけにもいかず、何かいい採用サービスはないかなと探していたところ、本社からワクラクのサービスについて話を聞く機会がありました。

忙しい時や、シフトに穴が空いた時に利用したいなと思いすぐに導入しました!

東京都千代田区大手町パークビル B1 

導入後の変化はありましたか?

はい、忙しい時間帯での営業の負担が軽減されたことはもちろんのこと、シフト作成もスムーズに行うことができ、以前よりもスタッフにシフトの融通を効かせることができるようになりました。

正直、最初はそんなすぐに人手が集まるわけがないと思っていたのですが、実際に募集してみると、掲載した当日に応募があり、必要な人手もほとんど確保することができます。

平日でもほぼ毎日募集を掲載していますが、すぐに応募が来る状態です。以前に、昼にお客さんから当日夜の予約を立て続けにいただき、絶対に人手が足らなくなると思った時があったのですが、ダメ元でお仕事の3時間前に募集を掲載してみました。すると、その募集を見てくださったワーカーさんから「募集要項の持ち物に“黒いズボンと黒い靴”と記載されているのですが、今外出中で黒い靴は持っておらず、それでも働けますか?」という電話がありました。来てくださると本当に助かるので「大丈夫です、靴はこちらで用意するので働いてくれませんか?」と伝え、働いていただけることになりました。
本当にレアなケースではありますが、「こんなこともあるんだな」と思いながら、ワクラクの素晴らしさを非常に感じました!

 

ワーカーさんの質はどうですか?

とってもいい方たちが多いです!
飲食店経験がある方や、人当たりがいい方など、いろんな意味でいい方が来られます。基本的には配膳や洗い場等の簡単なお仕事をお任せしているのこともあり、ワーカーさんの質で特に困った経験はないですね。

私は事前に応募してくださったワーカーさんのプロフィールをあらかじめ見ておいて、お願いしたいお仕事を決めておくことが多いです。過去に「コミュニケーションが得意ではないのかも?」と思う方が来られたことがありましたが、洗い場に回っていただき、しっかり働いてくださいました!

ワーカーさんの質の問題をあえて挙げるとするならば、これはワクラクの問題ではなく、アプリを登録しているワーカーさん個人の問題だと思っています。まだ当店での例はありませんが、「お皿洗いをしたことがない人」が応募してくることもゼロではないと思いますので。

ワーカーさんへのレビューを見ると高評価の方が多いなという印象を受けます!

ワーカーさんもお仕事しに来られているので、よっぽどのことがない限りはみなさんしっかり働いてくださいます。来ていただいたという点だけでも非常に助かっているので、感謝の気持ちを込めて高評価をつけることが多いです。本当にひどいことがない限りは低評価はつけたくないですね。

1度来ていただいたワーカーさんにはまた何度も来ていただけると嬉しいなという思いから、なるべくレビューにコメントを残すようにもしています。

リピーターとなってくださった方には新たなお仕事をお任せすることもありますし、初めて来られたワーカーさんへ業務をレクチャーしてくださるので、営業中は調理で手が離せない私や社員の教育コストも削減できます。

 

現在リピーターさんは何人いらっしゃいますか?

現在は3名もリピーターになってくださっていて、個別で連絡先も交換しています。「この日来れる?」というように連絡して、来れるようであれば連絡取りながらワクラクで応募していただいたり、当日来ていただいてからその場で掲載して応募してもらうことが多いですね。3人とも都合が合わなかった場合や、+αで人が欲しい時には通常通り募集を掲載しています。

そして当然ではありますが、リピーターさんに来ていただくことでドタキャンは激減しました!

 

店舗のスタッフさんとワーカーさんは打ち解けていますか?

もともとスタッフが多くないので、2回目以降になれば定常スタッフのようにお店に馴染んでいるように思います!

 

ワーカーさんからの反応はいかがですか?

あまり聞くことはないですが、先日来ていただいたワーカーさんに「今日は忙しくて大変だったけどありがとう」と伝えると、「こちらこそありがとうございました!過去にもっと忙しいところもありましたし、スタッフさんとあまり馴染めなかったお店もありましたが、今回はとても気持ち良く働けました!」と言っていただけたことが嬉しくて印象的です!

ワクラク運営側の対応はどうですか?

初めて掲載しようとした時分からないことがあったので電話してみると、その場で丁寧に対応してくださってすごい助かりました。

また、これもワーカーさんからのお話なのですが、以前あまり相性が合わなかったお店でお仕事された時にワクラクアプリ内のチャットで相談したところ、真摯に対応してくれたということを聞きました。

例えば、私がワーカーさんに酷いことをしてしまったら、ワクラクの方から連絡が来るってことですよね。(笑)
ユーザーさんからしたらとても頼りになりますね。

 

これからどのようにワクラクを利用していきますか?

今後もワーカーさんにはなるべくリピートして来ていただけるように、レビューにコメントを書いたり、連絡を交換したりしていきたいと考えております。

また、現在の募集要項に「まかない有り」との記載はしていないのですが、ランチ営業が終わるとスタッフが食事の時間になるので、ワーカーさんに急ぎの予定がなければまかないを提供することもあります。

サプライズではないですが、ワーカーさんが期待していなかった分、喜んでくれたらいいなと思いはじめました!

お店に来られるお客様と同じように、ワーカーさんにも「いいお店」と思っていただけるように労働環境を整えていくことが重要だと考えています。

 

ワクラク のサービス全体を通して、改善してほしい点はありますか?

管理画面の操作が非常に簡単で、サポートも手厚く、すごいいと思います。

強いていうならば、あまり勤務態度が良くなかった方や、ドタキャンした人は今後応募しないようにしていただけるようなシステムにしてくださると嬉しいです。

先にも述べた通り、これはワクラク側の問題ではなくワーカーに依存する問題ではあるので、システムで管理するのはかなり難しいことだとは承知していますが、改善されたら最高です!

 

これから導入を考える企業さまに一言お願いします!

人手不足に悩んでいる企業さまは、試しに使ってみた方がいいと思います。なぜ早く使わないのかと思う程です!

私も初めは本当に応募が来るのか、応募された方が本当に来るのかを心配しておりました。契約してから利用開始までもあっという間ですし、初期費用や掲載費もなく、操作も簡単です。

ただし、リピーターを確保するまではドタキャンが起こってしまうリスクはゼロではないです。あくまで「来てもらえたら助かる」というスタンスで利用を開始してみるといいのかなと思います!

ワクラク全体を評価をするのであれば星5つ中いくついただけますか?

5です!…と言いたいところですが、今後のサービスの成長に期待して4.5とさせていただきます。

今は飲食業との相性がとてもいいように思いますが、他にも相性の良い業界はあると思います。
ワクラクのサービスが大きくなってくれたらいいなという思いを残りの0.5に込めました。

今後ともよろしくお願いします!

 

高橋様、インタビューにお答えいただきありがとうございました。

 

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

 

「美容師が本来の業務に集中できるようにワクラクを利用しています」ー 美的感覚集団…

 今回は、美容に関する様々な事業を展開されている「美的感覚集団 美髪堂株式会社」代表取締役 鈴木さま、企画部 管理課長の福士さま、実際にワクラクを導入されている美髪堂が運営する美容サロン「Beautisimmo 東長崎店」 スタッフの後藤さまにワクラクを導入したきっかけや導入後の効果についてお聞きしました!

 

美的感覚集団 美髪堂株式会社

美的感覚集団 美髪堂株式会社 について教えてください。

鈴木:弊社は美容室をはじめ美容用品の通信販売・ネット販売など、美容に関する様々な事業を展開しております2019年で創業32年目を迎え、これまで流行とともに業態変革をしながら世の中の美容に関する悩みを解決してきました。

 この32年の間で時代の流れとともに美容業界へのニーズは常に変化しています。創業〜10年目は私の出身地である埼玉県入間市を中心に川越市、所沢市に地域密着型の美容室を運営し始めました。10〜20年目はちょうど「カリスマブーム」と言われていた頃で、美容業界がメディアに露出されるようになり、弊社も美容師の聖地である原宿をはじめとした都内への出店を進めてまいりました。

  20年目〜現在は「美容業界×◯◯」をテーマに、色々な事業と連携して新たな需要を生み出していくというチャレンジをしています。より幅広い層やシチュエーションでご活用いただけるよう、美容サロン「Beautissimo」をはじめ、「美容室×写真館」や、「美容室×福祉美容室」(キャンピングカーを利用した移動式美容室で福祉施設を回る事業)、「美容室×ペットサロン」などを展開しています。合わせて、原宿に本店を構える弊社の美容サロン「STREET」のフランチャイズ化をしたほか、美容用品の通信販売も行っております。

[ 所沢・入間・川越 の美容室 Beautissimo 「ビューティシモ」 ]

 

Beautissimo東長崎店さまでワクラクを導入されたきっかけを教えてください!

鈴木:美容室では、清掃からヘアカットまでのすべてを美容師やレセプションスタッフが行うのが一般的です。弊社ではスタッフが自分の仕事に、より専念できるよう業務量を軽減するためにも何かいいサービスはないかと探しておりました。

 ある日、Wakrak(=社名)の営業代理店が定期的に開催するセミナーに参加する機会があり、そこでワクラク(=サービス名)の紹介がありました。そこで「1日単位でアルバイトを募集することができ、スポットで生じる人材不足を解消できる」というサービスがあるということを初めて知り、単純に「面白いな」と思い興味を持ちましたね。

後日、その代理店の社長とお話しする機会がありワクラクについて聞いてみると、「うちの会社でもワクラクを使っているけれど、使い勝手もよく便利ですよ」と言われたので、弊社でも何らかの形で利用できるのではないかと思い、試しに導入してみることにしました。

ワクラクワーカーさんにはどんなお仕事をお任せしていますか?

鈴木:店内掃除と洗濯をお任せしています。ワーカーさん専用のマニュアルを用意し、初めて来られた方でも安心して働いていただけるようにしています。

 弊社では「6S」と呼ばれる6つの言葉を大切にしております。整理・清潔・清掃・整頓・しつけ・作法です。掃除と洗濯はこれら6Sのうちの大半を占める非常に重要な業務になります。しかし、既存スタッフがそこに注力して時間を作るとなると営業時間よりも早く出勤し、営業終了時間後も片付けをしなくてはならず、本来やりたいカットやカラーの練習や勉強に時間を費やすことが出来ないですよね。

 また、清掃業者やタオルクリーニング業者などの専門業者に依頼することもできますが、いつくもの業者に依頼するよりはワーカーさんに来ていただく方が柔軟にお仕事を依頼することができ、コストも抑えることができるので助かります。

 さらに、美容室は予約制のため、忙しい日をあらかじめ把握できる点とワクラクの「必要な時に必要な人数を募集することができる」という点を利用し、土日や予約が埋まっている忙しい日にピンポイントで募集を掲載することができるのです。美容室のような、忙しさに波があり、それを事前に検知できる業態とはすごく相性がいいと思いますね。

 

導入する前と導入した後での変化を教えてください

福士:トイレやエントランス、スタッフルームの綺麗さが格段に変わりました。トイレとエントランスは特に一番綺麗にしておかなければならない場所ですが、忙しい日にはなかなか手が届きません。そこをワーカーさんにお願いすることで、本来あるべき店内の清潔さを保つことができています。 

鈴木:今の時代、どの業界でも人手不足に悩みを抱えているかと思います。近年、労働における時間や場所のセグメントによる業務の細分化が進み、大型美容サロンを1つ運営する上でも美容師が全ての業務を行うということが難しくなりました。美容室内には社員・業務委託・契約社員という形でのセグメントと、美容師やネイリスト、アイリスト、さらにレセプションといった各分野に特化した専門家という意味でのセグメントが混在しています。同じように、清掃する人がいることで「清掃というセグメント」を補うことができるのです。

1店舗あたり既存のスタッフさんは何人いらっしゃいますか?

鈴木:業務委託のスタイリストを含めて1日4〜6人で運営しており、+αとしてワーカーさんに来ていただいてます。大きな店舗でも、美容師を10人雇う時代ではなくなりました。3~4人の美容師の社員と、業務委託の美容師やネイリスト、アイリストを依頼して運営している美容サロンがほとんどかと思います。「分業」をアウトソースするという意味ではワクラクは非常に革新的なものだと思っています。

 

次に、Beautissimo東長崎店での実際のワクラクの利用状況について教えてください。募集開始からどれくらいで応募が来ますか?

福士:募集を掲載した翌日には応募が来ます。掲載開始してからほんの数分後に応募が来ることもあります。(笑) お仕事開始の24時間前まではワーカーさんも自由に応募をキャンセルできるので応募があったタイミングで安心はできませんが、キャンセルが発生するとすぐに再掲載される仕組みになっており、またすぐに応募が来ます。 東長崎店は都心から近く、駅からも近いので近郊の学生さんが多いのかな?という印象です。

また、私自身もワクラクのアプリをダウンロードしていて「どんなお仕事があるのかな?」と覗くのですが、ワクラクは飲食店のお仕事が豊富であるため、オフィスや美容室などのちょっと珍しいお仕事が人気ですぐ埋まるのかなという印象を受けますね!

初めて来たワーカーに対し、仕事を教える上で工夫していることはありますか?

福士:先にも述べた通り、ワーカーさん専用のマニュアルを用意し、それに沿ってお仕事していただきます。もちろん初めは弊社のアシスタントがサポートに入りますが、リピーターとなってくれたワーカーさんに関してはこちらが指示しなくても自ら進んで作業に入ってくださいます。

 

ワーカーさんの質や、困ったなと思うことはありますか?

後藤:ほとんどの方は、きちんと業務開始の10~15分前に来てくれるので十分に説明してからお仕事に入ってもらえるのですが、時々業務開始ギリギリに来る方もいらっしゃるので少し困ってしまいます。説明をしてから業務を開始するので、早めに来てくれるとこちらも嬉しいです。

福士:掃除業務がほとんどなので、大きいミスなどはないかと思います。普段自宅で家事をされている方はやはり要領がいいですね!

鈴木:正直、ワクラクを導入する上で真っ先に浮かんだ不安要素は、安全性についてでした。社員でも契約でもなく、1日の数時間だけという超短期の募集でスタッフルームなどの清掃もお任せすることになるので、商品の在庫やスタッフの私物の安全面について考慮しないといけないのかなとも思いました。しかし実際はその必要はなく、来てくださる方はみなさんいい方ばかりですし、リピーターとなってくださるワーカーさんがほとんどで、お店のスタッフともすぐに馴染めていて、ある程度の信頼関係は築けていると思っています。

 

ワーカーさんからの反応はありますか?

福士:直接聞くことはなかなか無いですが、一度来てくださった方がまた応募してくださったり、逆に一度来てくださった方が以降の応募をキャンセルされることもあり、間接的には反応が分かります。やはりお店とワーカーさんの雰囲気や相性的なものはあるかと思いますので、あまり深くは考えないようにしています。

 

ワーカーさんとはどんなお話をされるのですか?

後藤:スタッフルームでの作業中に自己紹介も兼ねて世間話をすることが多いですね。お客さまがいる時は、お客さまとの日常会話に巻き込んだりすることもあります。業務の範囲内でコミュニケーションはよく取っているかなと思います。リピーターさんになってくださる方は基本的にお店のスタッフとも馴染めている印象ですね。

ワクラクを今後どのように使っていきたいですか?

福士:現在は東長崎と所沢の店舗でのみ利用しているのですが、他のエリアでも必要に応じて使っていきたいなと思います。ただ、都心から離れた店舗については応募が来るのかわからないので、もう少し埼玉のお仕事が増えてから使っていけたらなと思います。

鈴木:ユーザーさんが住んでいるエリアが分かれば使い勝手が良くなるかもしれないですね!「このエリアにユーザーは何人います」というのが分かると最高です。

 

ワクラク側の対応はどうですか?

福士:メールや電話で問い合わせると、とても丁寧に教えてくださるので非常に助かっております。導入当初は管理画面の使い方について時間をかけて丁寧に教えていただきました!

 

最後にワクラクのサービス自体を通して星5つ中いくつ頂けますでしょうか!

鈴木:星4つです!高い掲載費を払っても、街にポスターを貼ってもなかなかアルバイトが集まらない時代に、新しい選択肢を与えてくれた面白いサービスだと思っています。星あと1つの部分は、都心部以外でも利用できるようになってほしいという願いです!よろしくお願いいたします!

 

鈴木さま、福士さま、後藤さまインタビューにお応えいただきまして誠にありがとうございました。多地域エリア展開頑張ります!

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

 

 

「採用活動と並行して利用しています」スポットで生じる人手不足はワクラクで解消 ー…

今回は、社員食堂やケータリングサービスを運営している「株式会社nonpi」採用担当の清水さまに、ワクラクを導入したきっかけと、導入による効果についてお聞きしました。

 

まずは事業内容を教えてください。

清水:弊社は主に、法人向けのケータリング・デリバリー事業と、食堂・カフェテリア事業を展開しております。

ランチ営業が終了した食堂のキッチンを遊休資産と捉え、そのキッチンを利用してケータリング事業を展開するといったビジネスモデルです。

現在、社員食堂を4店舗、一般のお客さまがご利用いただける食堂を2店舗運営しており、各食堂を拠点としてケータリング事業・デリバリー事業を展開しております。

▲株式会社nonpiビジネスモデル 公式HPよりhttps://www.nonpi.com/

 

創業当初からこのビジネスモデルで事業展開をされていたのですか? 

清水:いいえ、2年前の2017年に事業を大きく見直して、今の事業形態になりました。会社自体は今年で16期目を迎えます。元々はレストラン業態を展開していたのですが、ここ数年は飲食業界でも働き方を見直す動きが広がり、弊社でも残業や長時間労働をきちんと見直すことになりました。その結果、従来の飲食店運営は厳しいという判断に至り2年前にレストラン業態から食堂・ケータリング事業にシフトすることになりました。

 

レストラン運営を撤退した要因は、働き方の見直しにあったのですね。

清水:はい、それが一番大きな要因でした。人手不足が原因でスタッフに労働面での負担がかかっていましたね。今でも飲食業界は「休みが少なく、長時間労働」というイメージを持たれることが多いです。求人媒体を利用して採用活動をしようとしても、エリアによってはなかなか上手くいかないのが現状です。

社員食堂「マンチーズキッチン」東京都港区海岸

 

そんな中、ワクラクを導入したきっかけを教えてください。

清水:以前から食堂の調理スタッフを採用するのがとても難しく悩んでおりました。より間口を広げてスタッフを募集するためにと他の単発アルバイトのサービスを利用していたのですが、掲載費や手数料が高く、今後も利用を続けていくのが難しいと考えていたのです。

もっと費用を抑えられて、便利なサービスは無いのかと探していたところ、弊社の子会社である株式会社R.O.STAR(ロースター)の代表からワクラクを紹介していただきました。実際にワクラクのお話を伺ってみると、想像以上にコスト削減になることが分かり、弊社でもお試しとして導入してみることにしました。

 

どのようにワクラクを社内に浸透させていきましたか?

清水:まずはじめに、ゴールデンウィークに川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアム内の飲食店ワクラクを試験導入しました。すると担当の者から「いい方達が来てくださって、非常に助かっている。必要な時だけ募集をかけるので、既存スタッフに無理にシフト調整をしてもらう必要がなくなった。」と報告があり、スタッフの負担軽減にも繋がることが分かりました。

その後、本格的に各事業部長へワクラクの導入を勧め、少しずつ導入店舗を増やしていきました。元々類似サービスを利用していたこともあり、各事業部長の理解も早く反応も良かったです。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム公式サイトhttp://fujiko-museum.com/

 

導入前のワクラクにはどんな印象をお持ちでしたか?

清水:手数料が安い分、実際に働きにいらっしゃるワーカーさんの質を懸念しておりました。

ところが実際に利用してみると、応募が来た段階でワーカーさんのプロフィールを見ることができるため、どんな方が来てくださるかを把握することができます。実際に業務に入っていただいても、みなさん真摯に仕事に取り組んでくださいます。良い意味で印象とは全然違ってました。

休憩中にワーカーさんにお話しを聞いてみると、大半の方が過去に飲食店の経験があるという方でした。1日だけ働くとなると、未経験の領域のアルバイトをするのはワーカーさんにとってもハードルが高いですよね。やはり得意なことや経験が活かせるというのもワーク選びの基準になっているのかなと思いました。

 

実際に導入してから、人手不足の状況はいかがですか?

清水:導入してからは人手の足りない日はほとんど無くなりました。常に人手に余裕がある状態で営業させていただいてます。最近は長期スタッフの採用も行なっており、採用に力を入れつつ、急な人手不足をワクラクで補填しています。ワクラクは「この日あと1人2人ほど来てくれれば助かる!」という状況の時に利用しています。

採用活動と同時にワクラクを利用することで、短期的にも中長期的にも人手不足が解消されるのでとても便利だなと感じております。これこそがもっとも賢いワクラクの使い方なのではないかと思っています。

 

今、ワクラクを使っていてどんな工夫をされていますか?

清水:デイワークとはいえ、こちらとしても一度来てくれた方にはまた何度も来ていただきたいので、リピーターさんを増やしていくための環境整備をしました。

具体的には、弊社はスタッフに有料の賄いを用意しているのですが、ワクラクワーカーさんにもスタッフと同じ料金で賄いを購入していただけるようになっております。

また、忙しい中でもただ黙々と作業してもらうよりは、コミュニケーションを取ってもらえるような作業をお任せすることが多いです。

お仕事が終わる頃には既存スタッフとも和気あいあいとした雰囲気でお話している様子が見受けられることもあります。

ワーカーさんには具体的にどういった業務をお任せしていますか?

清水:基本的には調理補助のような簡単なお仕事をお任せしています。料理の盛り付けをしたり、お皿やお盆などを運んだり、簡単な掃除や片付け等もお任せしています。

もちろんリピーターさんにはどんどんお任せする業務の幅を広げています。

慣れてきた頃には、ある程度手放しの状態でも問題なく働いてくださっているので教育コストが下がりとても助かっています。

 

お仕事の募集に対してワーカーさんの応募状況はいかがですか?

清水:募集人数に対してほぼ100%の応募が来る状態です。ワーカーさんは24時間以上前ならキャンセルが可能なので、前日までは「本当に来るかな?」とは少し思いますが、キャンセルがあってもすぐに他の方からの応募が来るのでありがたいなと思っています。ドタキャンでなければ正直あまり気にはならないですね。

 

ワークを掲載してから、どれくらいで埋まりますか?

清水:基本的に、毎週金曜日に次の一週間のワークを掲載するのですが、月〜水曜日に関しては掲載翌日には埋まっています。週が明ける頃には木曜以降も全て埋まってしまうくらいのペースです。ありがたいことに、かなり早い段階で募集が締め切りになる状態です。

 

ワーカーさんの質はいかがですか?

清水:弊社に来る方は、ワクラク内で高い評価を得ているワーカーさんが多いです。飲食店アルバイトの経験がある大学生や、フリーター・主婦の方々が来てくれるので、ほぼ即戦力となってくれるため、大変助かっています。

 

今後使っていく上でワクラクの懸念点はありますか?

清水:ドタキャンが発生した時の保証やリスクという点ですね。

そこがより改善されると今より幅広いセクションで利用できると思います。

最後に、弊社サービス全体にレビューをするとしたら、星いくついただけますか?

清水:4.5です!非常に便利なサービスですので、今後の伸び代に期待します!

 

清水さま、インタビューにお応えいただきまして誠にありがとうございました。

 

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

 

 

「事業成長に必要な人材をワクラクで募集しました。」ベンチャー企業におけるワクラク…

 

 今回は、家具のサブスクリプションサービス「airRoom」を運営する株式会社Elalyの代表取締役 大薮 雅徳さまと、ワクラクの導入からワーカーさんの管理までを担当してくださっている大学生インターンの平尾 帆野佳さまにワクラクを導入したきっかけや導入後の効果をお聞きしました。

 株式会社Elalyは2018年5月に設立、2018年10月に「airRoom」をリリースしたベンチャー企業です。

 

株式会社Elaly

まずは事業内容を教えてください

大薮:弊社は家具のサブスクリプションサービス「airRoom」を運営しています。airRoomは、1ヶ月単位で好きな家具を月額500円からレンタル出来るシェアリングサービスです。

登録ユーザーは、引越しや単身赴任・模様替えといったシチュエーションをメインに、必要な家具を一点から利用することができます。従来だと家具を購入・処分することが一般的ですが、「airRoom」を利用すれば必要な期間のみ家具を利用するという新しい住まいのあり方を実現できます。

 大きな家具を買う際は、配送してもらうことが多いと思います。しかし、家具の配送は日付指定はできても、時間指定できない場合がほとんどです。弊社サービスでは配送の時間も指定をすることができます。

最近ではInstagramやRoomClipで「こんな感じの部屋にしたいな」という理想の部屋を見つけ、似たような家具をネットで探して注文する人が増えています。しかし、理想通りのお部屋にするとなると、なかなかの時間とお金がかかってしまいますよね。

そこで、プロのコーディネーターがコーディネートしたお部屋をそのままレンタルできるサービスも行なっています。また、無料でコーディネートの相談も受け付けており、専門のコーディネーターと理想のお部屋を形にすることができます。

「北欧風のおしゃれな部屋にしたい。」という漠然とした理想も弊社のサービスを利用することで叶えることができます。

 

ワクラクを導入したきっかけを教えてください

大薮:自社サイト用の記事コンテンツを書くための人手が足りずに悩んでおりました。

弊社サービスは、まだまだ世の中に知られていません。「どう利用するの?」という質問をいただくことが多いので、そういった質問やサービスにまつわる情報を日頃から記事コンテンツとして自社サイトに載せています。しかし弊社はスタートアップということもあって、メンバーひとり一人の業務が非常に多く、なかなか記事の作成に当てる時間が取れませんでした。すぐにでも必要な業務だったので、何か良いサービスはないかなと探していたところ、ワクラクを見つけました。


▲ariRoomの自社サイト

 

色々な人材サービスがある中で、ワクラクを導入した理由は何ですか?

平尾:突発的な人手不足にも対応できるからです。前日に募集を掲載しても、数時間後には応募があります。急なスケジュールで「この日に数時間だけ手伝ってほしい!」となった時に募集をかけても人が来てくれるので、とても便利だと感じております。

 本当は長期でコミットしてくださる方を時間をかけて採用していきたいのですが、その間に必要なアウトプットが出せないとなると、スタートアップに必要な「急成長」を描くことができないのです。

 

ワーカーさんにはどんなお仕事をお任せしていますか?

平尾:現在は、記事コンテンツを作成するお仕事、お客様への商品の荷受・在庫管理、家具商品の組立など、その日によって必要なお仕事を募集してお任せしています。

 記事コンテンツを作成するお仕事は、弊社であらかじめマニュアルを用意し、それに沿って作成してもらいます。初めて来たワーカーさんにも難しいと思われないように、細かなマニュアルを作成しました。 

 お客様への商品の荷受、在庫管理、家具商品の組立は、弊社倉庫にて行います。こちらは力仕事となるので、体力のある方であれば早く慣れてくれるのではないかなと思います。

 

マッチ率はどれくらいですか?

平尾:正確な数字は出していないですが、記事コンテンツ作成のお仕事はすぐに応募が来て定員に達します。ワクラクアプリを見ても、飲食店に比べてオフィスワークが少ないことが手前味噌ですが人気の理由なのかなと思っています。

 

年齢層はどうですか?

平尾:大学生が多い印象です。最初に募集した時が春休み中だったこともあって、普段のアルバイトにプラスαでワクラクを利用されている方が多かったです。それからも大学生の方を中心に来てくださっていました。私も大学生なので、女の子が来てくれると、色々な情報の共有が出来きるので、楽しくお仕事しています♪

 

ワーカーさんの質はどうですか?

平尾:正直、その人次第なのかなと思います。いい動きをしてくれたワーカーさんがリピーターになってくれた時は嬉しかったです。

 

費用面はどうですか?

大薮:ストレスなくやらせてもらってます。同じような仕事を他の採用ツールで募集しようとしましたが、高くて手が出せませんでした。とても良心的な料金設定だと思いますよ。

 

ワーカーさんに大きなミスはありましたか?

大薮:大きなミスはないです。弊社がワーカーさんにお任せするお仕事は、ただの単純作業ではないんですよ。少し考えながらやっていただくお仕事なので、本当はある程度ワーカーさんの質をコントロールしたいなと思うこともあります。とはいえ、そこは不満を抱くのではなく、導入する側がどれだけワクラクというサービスを理解して工夫して使っていくかが重要なのかなと思っています。弊社はマニュアルの精度を高めていくことでワーカーさんの負担を減らせるように工夫しました。

 

他の社員さんとは馴染めてますか?

平尾:ワーカーさんは基本的に私としか関わることはないのですが、一緒にランチに行ったり、休憩中にお話ししたりと、いい雰囲気でやれていると思っています。私のように大学生でインターンをしている方が来られると、良い情報交換の場となります。

 

ワーカーさんの反応はどうですか?

平尾:「めっちゃ疲れたー」と嘆く方もいれば、「楽しかったです!」と言ってくださる方もいます。写真を撮ったり、文章を多少考えたりすることもあるので、センスや向き不向きはあるかと思います。

 

ワクラク運営チームの対応はどうですか?

平尾:かなりスムーズで助かっています。スピード感をもって対応してくれて、コミュニケーションも取ってくれるので気軽に連絡できます!

 

 

サービスにおいて懸念点や改善してほしい部分はありますか?

大薮:他の企業様の募集内容がどういったものかは分からないのですが、弊社のような案件においては、星だけのレビューではなく履歴書のようにユーザーさんの働いた履歴が閲覧できるといいなと思いました。プラスαの料金もお支払いするので、見れるといいなと思います。

同じようなオフィスワークの経験があるユーザーさんなのか、全くの初心者なユーザーさんなのかをあらかじめ把握できるとこちらとしてもお任せするお仕事を事前に決められるので助かります。

 

最後に、弊社サービス全体にレビューをするとしたら、星いくついただけますか?

横尾:4.2です。価格を考えても、非常に満足しています。

大藪:私も、今後の期待も込めて4.2です!

 

大薮さま、平尾さま、インタビューにお答えいただきありがとうございました。

 

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

 

 

必要な時に必要な人数を。新規事業展開におけるワクラクの使い方。ーSTAGroup…

 

今回は、STAGroup株式会社代表取締役の山地さまにインタビューをさせていただきました。

 

STAGroup株式会社


STAGroupさまは、
東京都目黒区にあるオフィスを拠点に、イベントやパーティなどの運営及び管理事業、フードケータリング事業、飲食店における営業代行サービスを展開されています。「笑顔に立ち向かう〜不可能を可能に〜」という企業理念のもと、より良いサービスを提供するための新規事業を複数展開しておられます。

ワクラクでは、イベント会場の設営から運営、ケータリングのお手伝い、飲食店のホール業務といったお仕事を掲載してくださっています。

 

 

事業について教えてください!


現在は主に3つの事業を展開しています。

1つは、イベント・パーティ・BBQ等の運営及び管理事業です。パーティー会場や広場などのスペースを借り、様々なイベントの企画から運営までを一貫して提供するサービスです。

2つ目は、お食事のケータリングやデリバリーサービス事業です。弊社が開催するイベントに用意するフードも自社で用意しております。また、ケータリングやデリバリー単体の注文も承っています。

3つ目は、飲食店の営業代行サービスです。これが少し特殊なのですが、人手の足りない飲食店さまに弊社から人材を送り、業務委託として営業中のお手伝いをするというサービスです。例えば、居酒屋で「今日、ドリンクカーをする人が居ない!」という日に、居酒屋アルバイト経験がある人材を送り、ドリンクを作る業務を中心にお手伝いをします。

弊社は一つの事業に注力するのではなく、困っている方や企業さまに寄添い、より良い環境を提供をする「よろず屋」的な役割を担っています。そのため、今後も様々な事業を展開していく予定です。

 

 ちなみに、起業したきっかけは本当に単純で「楽しいイベントをやりたい!」という思いからでした。初めは街コンやクラブでのイベントを開催するにあたり、外注で様々なサービス利用していました。しかし、より良いイベントを作りたいと思ったとき、限られた予算で外注サービスを利用し続けるのは難しいなと思いました。自分たちで全部出来てしまえば予算を最大限に活用して良いイベントができるのでは?と思うようになり、今まで外注していたサービスから、自分たちでも出来そうなことはどんどん取り込んでいくようになりました。時代とは逆行してますよね。(笑)

しかし、これで良いと思っています。自分たちが納得して、お客さまに喜んでいただけるサービスでありたいと思っているので。

 

シフトに対して柔軟な対応が可能なスタッフを探していた。


とはいえ、弊社は2017年に7人のメンバーで立ち上げたばかりの新しい会社です。会社として利益を得るためにも、各業態がスムーズに稼働できるような人員を確保することが必要です。

 以前はアルバイトの求人媒体を利用していました。しかし弊社サービスの都合上、就業場所や業務内容が日ごとに変わるので、固定シフトのアルバイトを採用するメリットはあまりないと感じていました。また掲載費も数十万と高いのに、なかなか応募が来なかったり、採用しても自由にシフトを組めないという理由ですぐに辞めてしまう方が多かったのです。それからはメンバーや知人の紹介のみの採用となりました。

そんな中、知人からの紹介でワクラクの存在を知りました。「これなら必要な時に必要な人数を募集することができる!」と思い導入しました。使ってみると、好きな時に募集をかけられるだけではなく、給与の管理も簡単で、働いてくださった方の実績登録をするだけで、あとはワクラクさんが支払い代行をしてくださいます。弊社のような小さな企業は、経理に時間を裂くことが出来ないこともあって本当に大変なんです。その面でも大変助かりました。

 

ワーカーさんにはどんなお仕事をお任せしていますか?

 主に、クラブスタッフやイベント会場設営・運営スタッフ、弊社クライアントの飲食店さんでのキッチン補助業務です。
日時や場所によるので、本当に様々なお仕事をお任せしています。容量の良い方や、経験がある方だと本当にすぐに対応してくださいますね。

 

2018年の10月からご利用いただいておりますが、導入してからの変化や感想を教えてください!

 初めは弊社の運営代行サービスと類似しているサービスかなと思っていましたが、ワクラクは1日ごとの直雇用なんですよね。こんな発想は私にはなかったです。新しいサービスを展開することは、新しい考え方を世の中に提案していくことです。なかなか簡単なことではないので、「すごいな」と日々思っています。

 サービス自体もどんどん改善されていて、日々使いやすくなっていっている印象です。この価格帯で、毎回やる気のある方が来てくださるので、文句の付けようがないです。リピーターさんが居てくれたおかげで、ドタキャンも少なかったです。

ワクラクから応募して働きに来てくれるワーカーさんは、飲食店の経験がある方が多く、初めて来てくれた方でもお任せできる業務の幅が広いです!

 

掲載数における応募の割合はどうですか?

正確な数値は出していないですが、ほとんどの場合で掲載した次の日には募集枠の全てが埋まっていました。 
ただ、曜日によって応募の状況は異なる気がしています。

イベントスタッフのお仕事は週末にあることが多いのですが、金曜日よりも土・日曜日のお仕事の募集枠が埋まりやすい印象です。ワーカーさんの多くは学校や仕事が休みの日にワクラクを使って働きに来られているようでした。

また、ワーカーさんの都合が悪くなってしまった場合、前日までであれば自分でお仕事をキャンセルできますよね。キャンセルされた募集内容はすぐにアプリに再掲載されますが、その際にまた新しく応募が来る確率も、土日の方が高いように思います。

 

ワーカーさんの反応はどうですか?

弊社の業態が特殊なこともあり、「面白いですね!」と言って興味をもってくれた方もいました。その方はリピーターになってくれて、その後も何度か来てくださいました。

 

今後ワクラクを使っていく上での懸念点はありますか?

 連絡のないドタキャンが不安です。業務委託のお仕事を請け負っているので、ただ「一人欠員が出てしまった。」という話では片付かないのです。クライアントさまにご迷惑をかけてしまうので、欠員を埋める要員のワークを出してもいいかなと思っています。いくら取り締まっても、ドタキャンはゼロにはならないと思うので、こちらが使い方を工夫していく必要がありますね。

 

最後に、総合評価として、星いくついただけますか?

星5つです。

私は本当に満足して使わせていただいています!

今後はドタキャンへの対応にも期待しています。

 

ありがとうございます!

今後もサービス向上のために努めて参ります。

 

山地さま、インタビューを受けてくださりありがとうございました!

 

 

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

 

 

 

今まで手付かずだった業務をワクラクで一気に解決!ー有限会社ロッキングホース

 

今回は、ベンチャー企業の営業を支援している有限会社ロッキングホースの高橋さま、小倉さまにインタビューをしました!

ロッキングホースさまには1年ほど前からワクラクの営業顧問もしていただいております。

 

大手企業とベンチャー企業つなぐ「マッチング事業」

 

「有限会社ロッキングホース」

2013年より設立した顧問業を専門とするベンチャー企業さまです。創設者で同社代表取締役の森部さまが長年培われた大手企業や中小企業への膨大なネットワークを活用し、数あるベンチャー企業に対して販路開拓のサポート・アドバイザリー(顧問業)を展開されています。

 

 

突発的な人手不足はワクラクで解消!

 

さっそくワクラクを導入したきっかけや背景を教えてください!

高橋:弊社はベンチャー企業の営業顧問をすることで新規事業の支援をしています。とはいえ、弊社自体も今年で6期目のベンチャー企業です。これまで事業拡大に重きを置いてきたこともあり、社内の交通整備があまり進んでいませんでした。社内で保管する膨大なデータも、いつか整理しようとは思っていたものの、なかなかそれに充てる時間を確保できずにいたのです。

 そんな中、弊社代表の森部から「ワクラクでデータ整理のワークを募集してみたら?」と言われ、弊社でも一度利用してみたいという思いから実際に使ってみる事にしました。

 ワクラクのワーカーさんには、まず最初に名刺の整理というお仕事をお任せしてみることにしました。弊社では名刺管理ツールを使って名刺をデータ化し保管しています。ところがツール自体にデータを整理する機能が無く、後からデータを探すのが大変な状態でした。そこで、ワーカーさんにファイリング作業をしてもらうことにしました。

 森部や社員がこれまでに獲得してきた名刺は1万枚以上あり、16日にかけて何人もの方に来ていただきました。社員で対応するには大変な作業だったので、とても助かりました。

 

ワクラクの費用の面はどうですか?

高橋:従来のアルバイトや派遣に比べ、圧倒的にコストパフォーマンスが良いです。通常の求人広告は掲載に時間もお金もかかりますが、応募が来ないことが多々あります。一方でワクラクは掲載費がかからず、ワークを掲載してからすぐに応募が来ます。突発的な業務に対する求人を出したい場合、ワクラクを利用する他はないと思いますね。スポットで人材を確保したい企業には本当にオススメです。

 

様々な求人媒体の中でワクラクを選んだ理由は、費用面以外にありますか?

高橋:正直なところ、顧問先であるという理由で使い始めました。顧問として大手企業に顧問先のサービスを紹介する際、実際に使ってみた感想が言えるとサービスの信憑性にも繋がりますよね。会社としても、積極的に色々なサービスを導入してみようという動きになっています。今回は、ワクラクを利用するのにピッタリな業務ができたので導入することにしました。

いざ導入してみると、来てくださる方はいい方達ばかりでした。初めの数日は、毎回違うワーカーさんが来るので、毎回作業について細かく説明しなくてはならず、思ってたより大変だと思っていました。ところが、最終的には3人のワーカーさんがリピーターとなって何度か入ってくれて、後半はほぼ手放しで作業をお任せしていました!

 

どれくらいワークを掲載してくださっていましたか?

高橋:データ整理のワークは1ヶ月間で16日ほど募集をしました。募集を出すと、本当にすぐ埋まるんです。前の週の木曜日に翌週の分のワークをまとめて掲載していたのですが、掲載後1時間以内にほぼ全部埋まっていました。

 

 

ワーカーさんの質はどうでしたか?

小倉:全体的な感想で言うと、良かったと思います! 最初は「面接のないアルバイトって本当に大丈夫なの?」という不安が大きかったです。しかし、実際に16日の間で7〜8人のワーカーさんとお会いし、皆さんあいさつや返事など、仕事をする上で常識的な部分はとても良かったです。来てくださる方は学生さんや20代前半の若い方が多く、社会人としての経験が無い分、知識や情報量が少ない方も正直いました。作業に支障はなかったものの、こちらが「大体このくらいの説明をすれば大丈夫だろう」と想定していた説明マニュアルよりも、かなり丁寧に教えなくてはならないことが多かったです。その面では、こちらとしても勉強になりました。

リピーターさんは3人ほどいました。中には、5、6回ほど来てくださった方もいましたね。リピーターとなってくださったワーカーさんが出勤されると、こちらが何も言わなくてもすぐに作業を開始してくれたので助かりました。ですので、リピーターをいかにうまく生み出せるか?がワクラクを効率的に利用する上でもっとも大切なことだと実感しました。

 

ワーカーさんの反応はいかがですか?

小倉:人それぞれだとは思いますが、繰り返し入ってくれてる方は不満なく働いてくれたのかなと思います。自分の中で仕事に何かしらの価値を見出して、やりがいを感じてくれたらいいなと思っています。膨大な量の名刺データを整理していくので、いろんな企業の情報を見ることになります。そういったものに興味がある人には楽しいワークなのではないかなと思います!目を引く名刺がたくさんあるので(笑)

 

これからどのようにワクラクを使っていきたいかとかはありますか?

 基本的にはデイワークの形態になるので、ワクラクさんを最大活用するには、お任せする仕事のチョイスが肝だと思います。今回のような、人手が足りずに生じた突発的な業務には積極的に活用していきたいとは思っています。

 

サービス全体で改善して欲しいところはありますか?

小倉:募集をかける際、募集内容をテンプレートに入力していく作業があるのですが、もう少し手動入力する項目が減るといいなと思いました。また、日付のみを変えて登録できるようになると楽だとも思いました。

Wakrakが展開する「デイワーク」というサービスは、好きな時に働きたい労働者と人手不足に悩む企業の双方のニーズを満たすことができます。今はまだニッチな市場ですが、今後サービスの認知度が上がれば、大きな市場を創ることができるサービスです。だからこそ、使いやすくて便利だと思ってもらえるように、操作性が改善されるといいなと思いました。

 

最後に、総合的に評価するなら星5個中いくつですか?

小倉:私は、来てくださったワーカーさんへの評価を含めて3.5です!

高橋:私も今後の期待を込めて3.5ですね!

小倉:今回弊社が出したデータ整理のような機械的な業務は、1日の中でのノルマがあった方がいいのかなと思いました。時給だとうまく手を抜く人がいるのかなとも思ったので。ワークの出し方を、「ここまでやったら時給いくら」と設定できたらいいなとも思いました。あくまで意見の一つですが!(笑)

 

クライアント様のなかにはアポインターのワークを出していて、ワーカーさんに目標アポイント数を課しているところもあります。弊社サービスの機能としては設置していないですが、ぜひ工夫してワクラクを使っていただけると嬉しいです!

高橋さん、小倉さん、インタビュー受けていただきありがとうございました!

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

「最初はワクラクを販売する側でした」導入して気づいたワクラクの良さー株式会社リー…

 

今回は、都内で成果報酬型のテレマーケティング事業を展開する株式会社リージェントの江原さんにワクラクを導入した理由や導入後の変化についてお伺いしました!

 

株式会社リージェント

 

 

 

 株式会社リージェント様はアップセルテクノロジィーズグループに属し、首都圏を中心にテレマーケティング事業とアライアンス事業を展開されている企業様です。顧客を抱える企業とメーカー企業を繋ぎ、メーカー企業の商品を顧客へ効率良く流通する仕組みを構築・提供されています。

 ワクラクでは飲食店様によるワークの募集が中心となっている中、リージェント様にはワクラクでは比較的少ない”コールセンターのスタッフ”の募集をしていただいており、ワクラクワーカーからも大人気のお仕事となっております。

 また、株式会社リージェント様とWakrak株式会社は業務提携を結んでおり、デイワークサービス「ワクラク」の代理販売もしていただいております。

 

まず、ワクラクを導入したきっかけを教えてください!

江原:弊社は元々、人材不足に悩んでいる企業様に対して、デイワークサービス「ワクラク」の代理販売を行っていました。私自身もこのサービス自体を知ったのは代理販売をするようになってからでした。数ある企業様に電話をかけて、「ワクラクで求人募集を出しませんか?」という形で新規営業の仕事をしていたのですが、用意されたマニュアルを見たときに私はこのワクラクという新しいサービスにとても関心を持ちました。

 ワクラクは人材業界において革新的なサービスだと思います。このサービスを企業様に紹介するにあたり、実際にワクラクを使ってみないことにはサービスの細かい説明や使い勝手など、営業マニュアルには書かれていない本質的な”ワクラクの良さ”を伝えることは出来ないのではないかと思いました。そこで弊社でも導入してみないかと上司に提案したところ、長期に渡り人手不足に悩んでいたこともあり、実験的に導入することになりました。

 

ワクラクのワーカーにはどのようなワークをお任せしてますか?

江原:基本的には電話でのアウトバウンド業務をおまかせしています。健康食品や化粧品等の通信販売業務、インターネットの契約やウォーターサーバーの獲得業務、アンケートの代行など、初めての方でもできる簡単な業務です。

コールセンターは委託業務なので、クライアントや顧客からのクレームが無いよう注意を払わなければなりません。そこで、ワーカーには実際の業務に入っていただく前に業務に関する説明と軽い研修を受けてもらっています。

また、新規顧客からのインバウンド対応や既存顧客からのクレーム対応など、難しい業務は社員や派遣社員が担当しますが、何度か来てくれているワーカーの中で、おまかせしてもいいなと判断した方には、「やってみませんか?」と声をかけさせていただいてます。

 

どんな人が来てくれていますか?

江原:学生や未経験の方が多いですが、過去にコールセンターを経験したことある方や、営業の経験がある方、最近では4、5年働いていなかった主婦の方で、「社会復帰に向けてリハビリとして来ました」という方もいて、本当に幅広いです。

どの仕事にも向き不向きはあると思っているので、向いてるなと思った方にはこちらから「また来てくださいね!」と声をかけさせてもらっております。

 

 

慢性的な人材不足。根本的な解決の前に、とにかく人手が欲しい。

 

 

導入前の人手不足は、ワクラクを使うことで解消されましたか?

江原:正直なところ、未だに慢性的な人手不足が続いています。

根本的な解決は自社で人員を確保できることだと思っています。なかなか難しいのが現状ですが、ワクラクで募集をかけてワーカーが来てくれることで、その日の「あと数人いてくれたらいいのにな」と思う人員を確保できるので本当に助かっています。

 

ワクラクの”枠”を設けて業務の効率化を図る。

 

江原:現在は、「この業務のこの時間はワクラクから来るワーカーにおまかせしたい!」という枠を設けています。これにより、社員や派遣社員が他の難しい業務に徹することができています。

 費用の面に着目しても、コールセンターの時給は一般的なアルバイトの時給と比べると高く設定されていることが多いです。、弊社でも経験者の方だと時給1600円〜1800円が相場なのですが、経験のある社員や派遣社員を採用して増員を図ろうとすると掲載費や数十%の手数料が上乗せされてしまいます。簡単な業務の人員をワクラクで確保することで、人件費を抑えることができるので非常に助かっています。

 

これまでにどれくらいのワークを掲載されていますか?

江原:時期にもよるのですが、3月中旬は繁忙期だったこともあり、水曜~日曜での5日間で1日10名で毎日募集していました。2月も合計1500時間分のワークを出しているので相当利用しています。(笑)

また、仮にドタキャンがあっても困らないように多めに募集をかけるという工夫をしています。繁忙期は業務的にも人数が多いことに越したことはないですし、完全にゼロではないので過去の経験から「これくらいの人数で募集をかければ最低何人は来てくれるはず」という想定で募集をかけています。

 

 

どれくらい応募はありますか?

江原:弊社側で正確な数値は出していないのですが、ほぼ募集枠の定員に近い人数の応募があります。先日もワークを出したらその日のうちに募集が埋まりました。毎回少なくとも5、6人は来てくださいますし、リピーターさんも何人かいらっしゃるので嬉しいです! ワクラクのアプリを見ても、飲食店さんに比べてオフィスワークが少ない分、人気なのかなと思っています。

 

今後使っていく上での懸念点はありますか?

江原:今のところ見つからないです!Wakrakの社員さんはいつも丁寧に対応してくださいますし、使い方を提案してくださることもあります。前に一度、社員さんが働きに来てくれたこともありましたね(笑)

 結構長く使わせていただいてる中で、弊社としてもいい意味でいろんな経験をさせていただいております。懸念点というよりかは、弊社のようにワクラクを導入している事業者側が使い方を工夫していくことが重要だと思います。

 強いて懸念点を挙げるとすれば、弊社の求めてない人材が来てしまうことです。コールセンターの業務は一定のスキルを必要とするため、コミュニケーションが苦手な方には少しハードルが高い業務となっています。ワーカーのプロフィールに「◯◯の経験があります」と書かれていますが、現状では事業者側はワーカーのプロフィールの真偽を確かめる術がありません。それをあらかじめ事業者側で一定のスクリーニングができれば、ワクラクの導入を検討している会社さんも安心して利用できるのでははないかなと思います。初めはどんなワーカーが来るか分からないので、私も含め不安に思う事業者さんがほとんどではないかと思います。

 

3月以降、新たな機能として、事業者側がワーカーを5つ星とコメントで評価できるようになりました。ワーカーのこれまでのワークの評価を見れるので、御社が求められている人材かどうかを判断しやすくなるかと思います。ワーカーのモチベーションUPにも繋がりますので、ぜひ書いてみてください!

 

今後ワーカーさんに任せたい業務はありますか?

江原:これからもコールセンターのアウトバウンド業務がメインになっていくと思います。今後、ヒアリングなどの業務が始まったらお願いするかもしれません。リピーターさんにはインバウンド業務をスポットでお願いできたらなとも思っています。ワーカーさんにはぜひ、チャレンジだと思って受けていただけると嬉しいです!

 

江原さん、インタビューお受けいただきありがとうございました。

リージェントさんには現在もたくさんのワーク掲載をしていただいてます。これからもよろしくお願い致します!

 

 

ワクラクは工夫次第でいろんな使い方ができます。

まずは下記の資料請求からお問い合わせお待ちしております!

 

———————————–